薬剤師が髪を染めるのはNG?

髪の色については病院や会社によってカラーチャートの番号で決められている場合も多いです。

しかしその基準が厳しく守られているところとそれほど厳しくないところがあります。

髪の色の感じ方はひとそれぞれです。

そのため見た目で「これはOK」「これはNG」という判断は難しいです。

一番の基準は「薬剤師らしいかどうか」ではないでしょうか。

薬剤師として明るすぎたり派手だったりすると患者さんから見て「薬剤師さんらしくないな」と思われるかもしれません。

あくまで薬剤師の仕事は患者さんが優先される仕事です。

患者さんが不快に思うかどうかが大切です。

自分では「そんなに明るくない」と思っていても他の人からすれば「明るい」と感じるようであれば、それは「明るい」のです。

自分の判断ではなく客観的に薬剤師らしいかどうかが重要です。

→薬剤師が笑顔で接客はおかしい?

 

薬剤師らしさとはどういうもの?

薬剤師らしさはなぜ重要なのでしょうか。

たとえば薬の相談に来た患者さんが髪の黒い薬剤師と明るい髪をした薬剤師のどちらが誠実に対応してくれそうかを考えた時に、多くの人が黒い髪をした薬剤師を選びます。

もちろんそれは見た目だけの判断ですので実際には経験も知識も髪が明るい薬剤師の方が優っているかもしれません。

人見かけではありません。

しかし、パッと見た時のイメージで「誠実そう」「知識がありそう」と思ってもらえるのであれば髪が黒いだけでも大きなメリットです。

もし銀行員が茶髪だったらどう思いますか?

あれ?と思いませんか?

一般的なイメージと離れてしまうことで「不安」に思うものなのです。

髪が茶色いというだけで患者さんに不安を与えているのであれば、それは薬剤師らしいといえるでしょうか。

薬剤師という仕事には患者さんに安心感を与える必要があります。

それが髪を黒くするだけで少しでも安心感を与えることができるのであればそれに越したことはないのではないでしょうか。

→薬剤師転職サイトの選び方